« 小麦! | トップページ | 夏のNatsuちゃん! »

2013年6月30日 (日)

ルーク君の悲しいお知らせ!

今回は、ルーク君の悲しいお知らせ!です。

_mg_9633

_mg_9604

_mg_9608

_mg_9603

昨日、ルークのママが茉莉花を訪ねてこられて、

とうとう、ルークが虹の橋を渡ってしまったとお知らせ下さいました。

私は、いませんでしたが、Natumamaがお話を伺って、後で、

詳細をしりました。

ルークのことは、2010年の10月のブログで紹介した通り、

体に問題をかかえていました。

お腹に大きな腫瘍があり、手術不可能な場所なので、

不自由ながらも元気に暮らしておりました。

いつもあかるくいい表情をしていて、

これが人間だったら、泣いたり、騒いだりするところでしょうが、

犬は、ひたすら、寿命のつきるまで、生きることにまっすぐです。

そのことをまわりに、訴えるでもなく、

撮影のときは、いつもいっぱいしっぽを振っていました。

かわいかったな・・・・、

そんなルークが16歳の命を全うしたのです。

ルークもきっと、虹の橋のたもとでは、もとの元気な体に戻って、

仲間と、走り回っていることでしょう。

ルークと会えて幸せです。

人生の生き方を教えられたような気がします。

ルーク君、本当に、有り難うね!

 

合掌

ルーク君のために、追悼の意をこめて、再び、虹の橋のお話を載せておきます。

皆様もルーク君のためにお祈りください。

虹の橋

 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。

和訳:YORISUN

 今回は、ルーク君の悲しいお知らせ!でした。

どなたかルークママに連絡のとれる方がおりましたら、

このブログの掲載のことを是非教えて頂ければ幸いです。

きっと、喜んで頂けるものと思います。

次回、また、またお会いしましょう!

この記事を読んだ方は、下の犬写真マークをクリックしてください。

北海道の人たちには、特に、応援宜しくお願いいたします。

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツについて、権利者の許可なく複製、転用等する事はできません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ





|

« 小麦! | トップページ | 夏のNatsuちゃん! »

「犬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小麦! | トップページ | 夏のNatsuちゃん! »